高校卒業資格はストレート入学でなくても取れる!?

高校卒業資格の取得方法

家庭の事情で高校を中退してしまった。高校にいく時間がとれない、など、事情があり高校卒業ができなかった…。

そんなときにも悲観することはありません。

ストレートで高校卒業ができなくても高校卒業資格を手に入れることは可能なんです。お金の問題がある方も、教室に通うことが難しい方も、手に入れることが可能です。

一番認知度が高いのは定時制高校に通う方法。こちらは夜間か、昼間に短い時間教室に通うことで高校卒業資格が手に入ります。また、毎日学校に通うのが難しい方は通信制で卒業することも可能です。

高校卒業資格を手に入れるには学校に通うしかない

日本で高校卒業資格を手に入れるには、全日制高校に通う、定時制高校に通う、通信制高校に通うの三つの方法しかありません。

よく耳にする高卒認定試験とは違い、学校に通うしかないのです。

就職求人の際に高卒以上の学歴、という言葉がよくありますが、高卒認定試験では高校卒業と同程度の学力があることを認めてくれますが、学歴にはならないのです。

「3年以上の在籍」「74単位以上の修得」「特別活動30時間以上の参加」の三つをクリアしなければいけません。

費用を抑えて高校卒業資格を手に入れたい!!

一番費用を抑えて高校卒業資格を手に入れることができるのは、通信制高校に通うことです。

初期費用も少なくてすみ、スクーリングも月に数回であったりと、負担になりにくいです。学校によってはイベントがあったり、勉強についてもサポート体制がしっかりしていたりと、学校によっても特色があるので、自分に合った高校を探すのが大事です。

仕事やバイトをしながらでも通える環境なので、お金の面の心配も減りますよ。

高校卒業資格は合格ラインが低めに設定されており、受験者全員が合格する目的で作られた資格です。高校を中退してしまった若しくは家庭の事情で高校に入学できなかった学生のためにある資格とも言えそうです。