介護のプロを目指してる方必見!国家資格の取得方法

介護業界唯一の国家資格

医療や福祉業界と並んで介護業界も資格の多い業界で、その中で唯一の国家資格が介護福祉士資格です。

この資格の取得には、実務経験を積み受験を申し込んで受験する実務経験ルート、福祉系の高等学校を卒業し筆記試験を受けるルートと高等学校卒業後に各種養成施設を経験後に認定や登録するルーツの3つのルートがあります。

これから国家資格を目指すには

介護の仕事に初めて携わる方は、まずは介護職初任者研修を受け利用者の自宅を訪問する訪問介護業務を行ないながら、介護職員実務者研修を受けなくてはなりません。

この研修修了後に更に3年以上の実務経験を積むことで国家試験の受験資格を手に入れらることになります。

受験勉強も必要不可欠

国家試験の受験資格を得たら、次には合格を目指さなくては意味がありませんよね。

試験内容は、介護職員初任者研修で学んだ科目とほぼ同じですがより深い内容なので、先輩介護士からのアドバイスなども参考に受験勉強が必要です。

より効率的な受験勉強

受験勉強は、テキストや問題集を購入して独学も可能ですが、じっくりと数ヶ月時間をかける講習や短期集中型の講習などを利用するのが良いでしょう。

講師から直接学べる講習や自宅で空き時間に学べる通信講座などがあるので、自分のライフスタイルに合った効率的な学び方を選べますよ。

介護福祉士になれば幅広い分野で活躍できます

晴れて試験に合格すれば、介護のプロとして認められ自分自身の知識と経験の証となります。

これにより、サービス提供責任者や生活指導員として活躍ができ、ほかの介護スタッフの指導や育成も任されよりやりがいが生まれると言えるでしょう。

再就職や転職の際にも困ることはなく、資格手当も付き給料アップの期待も持てます。

介護の仕事をしたいときには、実務者研修を受けることです。資格を取得していれば、仕事が見つけやすくなります。