子供が学校に行かない!?原因を突き止めよう

一体どうして?子供の不登校の原因は?

ある日突然学校へ行かなくなってしまった、もしくは長い間学校へ行けていない。そんなお子さんを持つ親御さんは大変悩むものです。子供に学校へ行ってほしいと伝えるも、一向に学校に行く気配を見せてくれず、苛立って思わず怒鳴りつけてしまう時もあるでしょう。ですがお子さんの気持ちになって考えてあげてください。不登校の原因を取り除かなければ、お子さんの気持ちは学校へは向きません。

この記事では不登校の原因になりやすい悩みやトラブルをご紹介します。

学校に行かない理由とは?

学校に行かなくなったのならば、やはり学校でお子さんに何かがあったと考えるのが自然でしょう。親御さんにとって一番考えやすいのは、友人間でのトラブルではないでしょうか。友達と激しい喧嘩をしてしまったことや、仲間外れにされていることなどが原因で学校に行きづらくなってしまうことがあるようです。

またいじめの可能性もあります。もし親御さんに思い当たる節があるならば、担任の先生に直接確認しなければなりません。いじめが起きているにも関わらず、担任が把握していないケースもあります。その場合でも担任に事実確認をしてもらいましょう。

不登校になってしまった子供は、なかなかその理由を話さない傾向にあります。親に心配させまいと口をつぐんでしまっている場合もあるのです。親御さんはお子さんを温かく見守ると同時に、不登校の原因を突き止め、子供が学校へ行きやすい環境を整えるサポートをすることが必要です。

学校に行くのが嫌になり、不登校になるこどもはたくさんいます。その中で子どもの心のケアをしてあげることがとても大切です。