どのくらいできればエクセルを使えるってアピールしても良いの?

エクセルでできること

表計算ソフトとして非常に有名なエクセルはお仕事などで使われている方も多いかと思われます。エクセルでは様々なことができますが、一体どのくらい使えるようになったら、面接などでエクセルを使えます!とアピールしてもいいのでしょうか。

エクセルでできることとして代表的なのは、表計算ソフトなのでやはり足し算、引き算、掛け算、割り算などの計算をすることです。エクセルを使えると言う人には、そのような算式や合計を求める関数などを使いこなすことが求められると言えるでしょう。

また、エクセルは計算するだけでなく、文書作成のために使われることも多いです。マス目に区切られているため、レイアウトの調整が簡単で、文書中に出てくる金額などの計算も数式や関数で行いやすいからでしょう。関数を使える人であれば、文書作成もできると思われます。

また、エクセルでは折れ線グラフや棒グラフなどのグラフの作成や、マクロによる作業自動化もできます。プログラマーやシステムエンジニアなどのIT系の職種でない限りは、難しいマクロ作成まで求められることは少ないと考えられます。

ITスキルとしてエクセルを使えることが求められる

特に事務系の職業やIT系の技術職の場合、仕事中にパソコンで作業することが多いです。そのパソコンにはエクセルなどのオフィスソフトが入っていることでしょう。そのため、就職や転職の際に、エクセルを使えるということは大きなアピールポイントであると同時に、当然求められていることとも言えます。アピールするためにMOS試験という資格を取っておいて、エクセルやワードなどの技能があることを証明するのも一つの手です。

エクセルの講座では、専門の教員が関数などのエクセルならではの専門的な操作を一からわかりやすく指導してくれます。