しまった!こんな時役立つエクセル2010小技2つ!

表の行と列を入れ替えたい!

表を入力した後で行と列を入れ替えが必要になった場合、入力したデータを利用して簡単に解決する方法があります。

まずは行と列を入れ替えたい範囲を選択し、コピーします。次に表を貼り付けるセルにカーソルを移動し、右クリックでメニューを出します。メニューの「形式を選んで貼り付け」を選択し、そこからまたメニューが出ますので「形式を選択して貼り付け」を選択します。

新しくウインドウが表示されるので、「行列を入れ替える」にチェックを入れてOKボタンを押せば完了です。

あとは崩れたレイアウトを直すだけと、意外と簡単なんです。

保存し損ねてしまった!

何を思ったかファイルを終了するときうっかり「保存しない」で終了してしまった、なんてこと起こらないとは限りません。

その場合回復用ファイルが用意されているかもしれません。ただし、この回復用ファイル、自動保存機能で作られるのですが、10分間隔でしか保存されないため、作業時間が短い場合はファイルが作成されず復元することができません。

まずはこの回復用ファイルがあるかどうかを確認しましょう。

「ファイル」タブを選択し、「情報」タブを選択します。「バージョンの管理」のアイコンがありますので、それをクリックすると「保存されていないブックの回復」が表示されるのでそれをクリックします。

ファイルを開くというウインドウが表示され、回復用ファイルがある場合は表示されます。復元されたファイルを保存するにはインフォメーションバーで「名前を付けて保存」と表示されるので、それを利用して保存してください。

復元ファイルは4日程度しか保存されないため、復元する場合は早めに行いましょう。

MOS講座は、表計算や文書作成などパソコンの基礎的な知識をマスターできることから、主に初心者に人気があります。