ビジネスマン必須!?エクセルを極めて仕事を効率化

多くの職場で使われているソフト

エクセルは表計算ソフトの一つですが、計算の用途以外にも幅広く使われ、多くの職場でエクセルのスキルを持った人が重宝されています。エクセルには関数やマクロなどの難しい機能もありますが、文字入力だけでも様々な機能があります。必要な場面に出会ったときに一つ一つ覚えていくのが上達のコツです。

セル内で改行するには

エクセルは表計算以外にも、日報や仕様書を作成するのに使われることがあります。1つのセルの中に数行にも渡る文字を入力することもしばしばです。エクセルで複数行の文章を入力するときに困るのが「改行」です。改行したほうが見やすくなるのに、エンターキーを押すと次のセルにカーソルが移ってしまい、改行できないことはありませんか。セルの中で改行したい時には、エンターキーを押すときにAltキーも一緒に押す必要があります。2回連続してAltキーとエンターキーを押せば、空白行を挿入することもできます。

計算した値だけをコピーするには

エクセルは計算機能に優れており、合計値を出したいセルを選択し、SUM関数を使えば一瞬で計算してくれます。しかしながら、合計値だけをコピーしたくても、単純にセルをコピーすると、計算式も一緒にコピーされてしまいます。結果の数値だけのコピーをするときにはどうすればいいのでしょうか。

まずは、コピーしたいセルをクリックし、セルの右下部分にカーソルを合わせます。そうすると、カーソルが矢印記号に変わるはずです。そのタイミングで右クリックしながら、コピーしたい場所のセルまでドラッグします。そうするとメニューが出るので、「ここに値のみをコピー」を選択すればOKです。

CADのスクールと言っても色々種類があります。機械系なのか住宅系なのか、CADのソフトは何を使用するのか、自分の目的に合っているかどうかしっかり確認して下さい。